JUGEMテーマ:労働問題

労働法制の改悪に反対する弁護士有志の会が主催した連続学習会に参加しました。労働戦線の立場を超えた3人の弁護士が呼びかけたもので、第1回連続学習会は7月14日に神戸市勤労会館で行われました。「安倍政権の『働き方改革』の全体像」をテーマに日本労働弁護団常任幹事の佐々木亮弁護士が、働き会改革の経過と背景、長時間労働への対策、安倍政権の「同一労働同一賃金」、解雇の金銭解決制度などについて講演しました。

 

 

 安倍政権は用意周到に働き方改革を準備し、昨年6月のニッポン1億総活躍プランで同一労働同一賃金の実現、長時間労働の是正など働き方改革を最大のチャレンジとして提起しました。昨年9月から議論が始まった働き方改革の「正体」は、破綻したアベノミクスを覆い隠すもの。「働く者の幸せをめざしたものではなく、企業の労働生産性向上を重視した経済再生そのもの」と講演を締めくくりました。私もまったく同感です。

 

 

働き方改革実行計画による労働法制の「改正」法案が秋の臨時国会に出される予定ですが、すでに国会に上程されている「高度プロフェッショナル制度」を盛り込んだ労基法改正案も大きな焦点になります。これは高度な専門技術を持つ年収1075万円以上の労働者には労働時間規制を適用しないもので、「残業代ゼロ法案」と呼ばれています。賃金は労働時間ではなく成果により決まるという考え方ですから、成果の出せない労働者は長時間労働により健康や命が奪われてしまい、長時間労働の是正に真っ向から逆行するものです。

 

 

連合の神津会長が7月13日に唐突に「残業代ゼロ法案」の修正に向けて安倍総理と会談しました。連合から同法案は容認した上で年104日以上の年休取得などの健康確保の措置を盛り込む修正を申し入れ、政府は修正を受け入れる姿勢です。連合や民進党などから反発や異論が噴出しています。健康確保の措置を口にするのであれば、残業代ゼロ法案に断固反対すべきです。労働組合は原則に立ち戻り、政府の働き方改革と対決しましょう。



Comment

お気軽にコメントをどうぞ!





   
Related Entry
この記事のトラックバックURL :

お気軽に事務所にお越しください!



Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

SNSで拡散してください!

#兵庫9区 #新社会党