JUGEMテーマ:ブラック企業

IMG_0521.JPG

 

本日早朝7時から神戸市須磨区にある株式会社権田工業の前で神戸ワーカーズユニオン権田工業分会によるスト突入集会が行われ、県内のユニオンや全港湾などから50人を超える仲間がスト支援行動を繰り広げました。私もユニオン組合員として参加しました。分会は会社にストライキ通告のうえ、]働条件を不利益変更のあった2015年5月以前に戻すこと、勤務シフトはリーダー2人に組ませること、J会委員長への嫌がらせをやめることの3項目の要求書を突き付けていましたが、これまでと同じように不誠実な対応に終始していることからストライキを決行しました。

 

午前8時から分会組合員7人がストに突入、分会長とユニオン執行部が社長や相談役にこの場で団体交渉に応じるよう押し問答を繰り返し、9時前から正式な団体交渉が始まりました。資材や工具が立ち並ぶ狭い工業社屋のなかで1時間程度の団体交渉が行われ、相談役(上記写真の手前)は雄弁に語るが、社長(同後ろ側)は相談役の後ろで黙ったままでした。団体交渉の結果は、’兒澆気譴殖海弔亮蠹は部分的に回復する、∧会委員長への嫌がらせの不当労働行為は謝罪し撤回するの2点を確認し、書面を交わしました。午前10時にストライキを解除し、組合員は職場復帰しました。ブラック企業には労働者の最後の武器であるストライキ権を行使することにより働く者の尊厳を守ることができるということを示したと思います。

 

 

権田工業分会は昨年8月に3つの手当の廃止、変形労働時間による長時間夜間勤務や時間外手当未払いなどの問題により15人で結成されました。権田工業は、三菱電機ビルテクノサービスの協力会社(下請け会社)として、エレベーター・エスカレーターの改修工事を行う会社です。3つの手当削減の理由を説明すること、変形労働時間制の違法性、一時金の扱いを公平にすること、分会委員長への不利益取り扱いをやめることなど要求してきましたが、不誠実交渉の連続で何一つ解決していません。組合員にユニオン脱退を迫ることも平気で行っています。7月に36協定の期限切れ、新しい36協定は過半数労働組合を無視して会社が指名した労働者代表と締結しました。有給休暇は申請しても公休使いや説明もない時季変更の行使など法令遵守しないブラック企業そのものです。労働組合の結成でブラック企業の横行を止めていきましょう。



Comment
その後、どうなったのでしょうか? 気になります
  • さいき
  • 2017/02/04 17:11

お気軽にコメントをどうぞ!





   
Related Entry
この記事のトラックバックURL :

お気軽に事務所にお越しください!



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

SNSで拡散してください!

#兵庫9区 #新社会党