JUGEMテーマ:つぶやき。

8月9日午前に長崎市で開かれた平和祈念式典の後に長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会の川野浩一議長は、面談した安倍晋三首相に「あなたはどこの国の総理ですか。私たちをあなたは見捨てるのですか」と強い口調で問いかけました。ヒロシマ、ナガサキの被爆者の長きにわたる悲願である核兵器禁止条約が7月7日に国連で122か国の賛成により採択されましたが、この場に世界で唯一の戦争被爆国である日本政府の代表の姿はありませんでした。この川野議長の言葉は、被爆体験を通じて心の奥底から湧いて出た強い抗議の意思です。

続きを読む >>


JUGEMテーマ:反戦・非戦

7月10日に兵庫県庁1号館北側で行われた第33回反核平和の火リレー出発式で新社会党県本部を代表して連帯と激励のあいさつを行いました。この反核平和の火リレーについては深い思い入れがあります。1985年に「被爆者に40周年はあっても50周年はない」という被爆者の悲痛な訴えに応えて始まったのがリレー運動です。兵庫県21市70町の市役所・町役場をすべて走り継ぐ大きな反戦平和運動として各市町で非核都市宣言の採択を実現してきました。

続きを読む >>


JUGEMテーマ:反戦・非戦

私は中学校で理科の担任をしていた小川先生の熱い授業に魅せられて理科に大きな興味を抱きました。国語や社会は大嫌い、数学や英語そして理科が大好きな理系志望の学生になりました。大学には宇宙物理学を学ぶ決意で入学しました。「どのように宇宙はできたのか」の謎を解く当時のブラックホールに大きな関心を寄せていました。今となっては夢で終わりましたが、科学者をめざしていた頃がありました。科学者という言葉に大きな憧れを抱いていました。科学技術の発展には両義性があのます。物を切るという包丁は料理に使えば食を豊かにすることができますが、殺人のためにも利用することもできます。

続きを読む >>


JUGEMテーマ:反戦・非戦

 

 

この22日のある交流会で記録映画「高江−森が泣いている」を観ました。この記録映画は、森の映画社・沖縄撮影スタッフである藤本幸久・影山あさ子共同監督による作品です。これまでにも「圧殺の海」(2015年)、圧殺の海第2章「辺野古」(2016年)などの作品も世に送り出しています。今年7月の参議院選挙後に「高江に機動隊がやってくる」との知らせに動かされて、高江での撮影に入り、今月10日にこの記録映画が完成、緊急販売されました。いま高江で起きていることを多くの人々に知ってほしいという一念で制作されています。

続きを読む >>


JUGEMテーマ:反戦・非戦

 

敗戦から71年目の8月15日に開かれた「8.15平和のための市民の集い」に今年も足を運びました。ルポライターの鎌田慧さんが、講演の冒頭で作家の大岡昇平氏が自らの体験から公にした小説『野火』に触れて「戦争とは人間が人間でなくなることだ」と切り出しました。理系の私ですからこの小説は読んだことはありません。太平洋戦争の末期にフィリピン・レイテ島で戦闘に敗れた日本兵の悲惨な出来事を著した小説というぼんやりとした記憶はありました。

 

続きを読む >>


Related Entry
この記事のトラックバックURL :
1

お気軽に事務所にお越しください!



Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

SNSで拡散してください!

#兵庫9区 #新社会党